大人からお子様までたくさんのお話、童謡に触れてください♪

童話

<<前のお話 にんぎょ姫 | みにくいアヒルの子 | 次のお話 おやゆび姫>>

みにくいアヒルの子

タイトルイメージ作成中 右クリックで対象をファイルに保存
※ダウンロードの前に必ずお読み下さい。

あひるの巣の中で、卵が割れて、ひなが次々と生まれてきます。
「があ、があ、があ、があ。」
お母さんあひるは大喜び、でも、その中に、体も頭も大きい、みにくいあひるの子が一羽いました。
「変な子だねえ。」
「一緒に遊びたくない。」
兄弟たちは、みにくいあひるの子をいじめます。
「兄弟なんだから、みんな、仲良く遊ぶんですよ。」
お母さんあひるはいつもそういうのですが、みにくいあひるの子と遊ぶ兄弟はおらず、みにくいあひるの子はいつも一人で遊んでいました。 ある晴れた日、お母さんあひるは、みんなを連れて、野原に行きました。 みにくいあひるの子はいつものように一人で遊んでいましたが、いつのまにか皆とはぐれてしまいました。
「お家に帰れないよう。」
みにくいあひるの子は、泣きながら歩いていると、
ばーん
突然、鉄砲の音がひびいて、猟師が撃った鉄砲に当たったかもが一羽空から落ちてきました。
「こわい!」
みにくいあひるの子は、ものかげに隠れてふるえていると、そこに、おばあさんが通りかかりました。
「かわいそうに、怖がっているね。でも、変わったひよこだこと。」
おばあさんはそういうと、みにくいあひるの子を抱き上げて、家に連れて帰りました。 おばあさんの家には、鶏と猫がいました。
「お前、卵が産めるかい」と鶏が聞くと、
「僕は卵は産めません。」
みにくいあひるの子が答えると、猫も聞きました。
「のどをごろごろならせるか?」
「それは無理です。僕は水の上を泳いだり、もぐったりすることが、大好きなんです。」
みにくいあひるの子が答えると、二人はつまらなそうに、向こうへ行ってしまったので、また一人でさびしく遊んでいました。 ふと空を見上げると、真っ白い白鳥たちが美しい姿で飛んでいくのが見え、
「ああ、僕もあんなにきれいだったら、誰にもいじめられないのに。」
みにくいあひるの子はおばあさんの家を出て、川で暮らすことにしました。 冬になると、冷たい雪が降り、川も凍りますが、それでも、みにくいあひるの子はじっと我慢をして、一人で暮らしていました。 やがて、春が来て、みにくいあひるの子は、ふと水にうつる自分の姿を見て
「あっ。」と声を上げました。
みにくいあひるの子は、春になって、美しい鳥に変わっていたのです。
それをみた白鳥たちが近くにやってきて、
「なんて美しい羽なんだ。」
皆、みにくいあひるの子をほめました。
いえ、みにくいあひるの子は本当は白鳥だったのです。 白鳥になったみにくいあひるの子は、白鳥の仲間たちといつまでも楽しく暮らしました。

<<前のお話 にんぎょ姫 | みにくいアヒルの子 | 次のお話 おやゆび姫>>

  • カテゴリー別メニュー
    • トップページ
    • 童話
      • 人気の昔話
      • 日本の昔話
      • 面白い人の話
      • 動物の昔話
      • 世界の昔話
      • 童話たいとる一覧
    • 童謡
      • わらべ歌童謡
      • 季節風景の歌
      • 英語の歌
      • 童謡たいとる一覧