大人からお子様までたくさんのお話、童謡に触れてください♪

童話

<<前のお話 はだかのおうさま | にんぎょ姫 | 次のお話 みにくいアヒルの子>>

にんぎょ姫

タイトルイメージ作成中 右クリックで対象をファイルに保存
※ダウンロードの前に必ずお読み下さい。

青い海の底に、人魚のお城がありました。
お城には、王様と六人の人魚姫が住んでおり、 人魚たちの世界では、十五歳になると海の上の人間の世界に行くことができるようになるのです。 末っ子の姫は、お姉さんたちが見てきた人間の世界の様子を聞きながら、いつも胸ときめかしています。
「はやく十五歳になって、人間の世界を見てみたいわ」
月の明るい夜、十五歳になった、人魚姫が、海の上に顔を出しました。 海には、たくさんの明かりをつけた白い船が浮かんでいました。
「わあー、すごい。人間て、こんなに大きな物を作るんだ」
それは王子様の船で、その日は、王子様の誕生日でした。
「すてきな王子様ね」
人魚姫は王子様をみてうっとりしていました。
船からは賑やかな音楽や笑い声が聞こえます。 すると突然、嵐が船をおそい、王子様は海に落ちてしまいました。 人魚姫は海に落ちた王子様を助け、浜辺まで運びました。
「王子さま、しっかりして。王子さま!」
人魚姫は王子さまによびかけ続けました。 すると、どこからか女の人が近づいてきたので、人魚姫はビックリして、海に身をかくしました。 女の人は王子様を抱き上げると、そのとき、息をふきかえしました。
「あ、ありがとう。あなたが、わたしを助けてくれたのですね」
王子様は目の前にいる娘を、命の恩人と勘違いしてしまいました。 それから人魚姫は人間になって、王子様のそばにいたいと思うようになりました。 そこで、魔女のところへ行って、人間にしてほしいと頼むと、魔女は言いました。
「お前の美しい声を、私におくれ。お前の声は、海の世界で一番美しいと評判だからね。それから、もし王子様がほかの女と結婚すると、お前は二度と人魚には戻れない。海の泡になってしまうんだ。それでも、いいのかい?」
人魚姫はうなずきました。

人魚姫は、浜辺で人間になる薬を飲むと、ぐっすり眠ってしまいました。 しばらくして、目がさめると、傍に、あの王子様が立っていましたが、人魚姫はもう声が出ないのです。
「きっと、何かわけがあるんだね。しばらく僕のお城で休んでいきなさい。」
王子様はそう言って、お城に連れていき、人魚姫を妹のようにかわいがりました。 ある日、王子様が嬉しそうに言ったのです。
「僕は、結婚するんだ。僕が海でおぼれた時、助けてくれた女の人とね。その人は、隣の国のお姫様だったんだよ。」
人魚姫は、「助けたのは私です。」と叫びたかったのですが、声を出すことができません。 人魚姫は、ただ悲しそうに笑っただけでした。

とうとう、王子様の結婚式の日がせまってきました。 その夜、海にお姉さんたちが浮かんできて、
「人魚姫、魔女に頼んで、ナイフをもらってきたよ。これで王子様の胸を刺すの。そうすれば、お前は海の泡にならなくていいのよ。」
人魚姫は、ナイフを受け取り、王子様の寝ている部屋にしのび込みました。 王子様はベッドですやすやと眠っています。
「王子様、さようなら。」
心の中でそういって、ナイフを振り上げましたが、人魚姫には愛する王子を殺すことができません。 人魚姫は、涙を流しながら、ナイフを海に投げ捨て、自分も海に飛び込んでいったのです。
海に、朝の光がさしてきました。
人魚姫は、空に昇っていきます。人魚姫の耳に、天使たちの声が響いてきました。
「人魚姫よ。これから三百年、人間のためになることをおやりなさい。そうすれば、神様はあなたにいつまでも変わらない幸せを与えるでしょう。」

<<前のお話 はだかのおうさま | にんぎょ姫 | 次のお話 みにくいアヒルの子>>

  • カテゴリー別メニュー
    • トップページ
    • 童話
      • 人気の昔話
      • 日本の昔話
      • 面白い人の話
      • 動物の昔話
      • 世界の昔話
      • 童話たいとる一覧
    • 童謡
      • わらべ歌童謡
      • 季節風景の歌
      • 英語の歌
      • 童謡たいとる一覧