大人からお子様までたくさんのお話、童謡に触れてください♪

童話

<<前のお話 マッチうりの少女 | はだかのおうさま | 次のお話 にんぎょ姫>>

はだかのおうさま

タイトルイメージ作成中 右クリックで対象をファイルに保存
※ダウンロードの前に必ずお読み下さい。

ある国に、洋服が大好きな王さまがいました。
王さまは、きれいな服を買うために、自分のお金を全部使ってしまいます。
お城では、一時間ごとに服をき替えては、みんなにじまんをしているのでした。

王さまの国に、二人の男がやってきて、
「私たちは、世界で一番美しい布をおって、きれいな服を作ります。」と宣伝をしました。
そして、「その服は、まぬけな人には見えないのです。」とも言いました。
男たちのことが、まもなく王さまの耳に届き、
王さまはすぐに、「私の服を作れ。」と、男たちに命令しました。
男たちは、すぐに布をおり始めましたが、本当は何もしていなかったのです。
ただ、仕事をしているふりをしているだけでしたが
男たちは、王さまに、「きれいなきぬの糸と、お金をください。」と申し出ました。
糸とお金をもらうと、すぐ自分たちの荷物の中に隠しました。
さて、王さまはどのくらい布がおれたか、気になるので、
年を取った大臣を男たちの所につかわせました。
大臣がみたところ、布が見えません。
でも、男たちは、「どうです、すばらしい布でしょう。これで服を作れば、どんなすばらしい物になるでしょう。」などと言いますが、 もちろん、大臣は、みえないというと、まぬけだと思われるのがイヤなので、「実に見事な物だな。」と言いました。
それから王さまの所に行って、「きっとすばらしいお洋服が出来上がるでしょう。」とほうこくしました。
大臣の報告を聞いた王さまは、毎日、「はやく洋服が見たい。」と、男たちにさいそくしました。

とうとう、ある日、「洋服ができました。」と、男たちが言ってきたので、
王さまは、さっそく男たちの所に出かけ、そして、裸になると、男たちに服をきせてもらいました。
「この服は、とても軽いので、きているかどうかも、分からないほどです。」
男たちは、そんなうそを言いながら、服をきせるまねをしました。
「気にいったぞ。では、町を歩いて、みんなにも、この服を見せることにしよう。」

王さまは そう言って、行列の用意をさせ、
自分は、みんなによく見えるようにと、馬に乗りました。
行列が町を行くと、人々は口々に、
「すばらしい洋服だ。」「なんておにあいなんだろう。」
と叫びました。
見えないというと、間抜けだと思われますから。
行列がすすんで行くと、突然、小さい子供が叫びました。
「王さまは何もきていないよ。」
すると、町の人々もみんな、叫び出しました。
「そうだ。何もきていないよ。」「王さまは裸だ。」
そこで、王さまはあの男たちにだまされたのだとわかりました。
しかし、いまさら行進をやめるわけにもいかず、
王さまは恥ずかしさのあまり、まっ赤になった顔のまま行進を終えると、にげる様におしろへ帰って行ったということです。

<<前のお話 マッチうりの少女 | はだかのおうさま | 次のお話 にんぎょ姫>>

  • カテゴリー別メニュー
    • トップページ
    • 童話
      • 人気の昔話
      • 日本の昔話
      • 面白い人の話
      • 動物の昔話
      • 世界の昔話
      • 童話たいとる一覧
    • 童謡
      • わらべ歌童謡
      • 季節風景の歌
      • 英語の歌
      • 童謡たいとる一覧