大人からお子様までたくさんのお話、童謡に触れてください♪

童話

<<前のお話 シンデレラ | あかずきんちゃん | 次のお話 ほしのぎんか>>

あかずきんちゃん

タイトルイメージ作成中 右クリックで対象をファイルに保存
※ダウンロードの前に必ずお読み下さい。

赤ずきんちゃんは、かわいい女の子です。
ある日、お母さんが、赤ずきんちゃんに言いました。
「おばあさんにお菓子とぶどうしゅを届けておくれ。寄り道をしてはいけませんよ。」
「わかったわ。」と、赤ずきんちゃんはそういってさっそくおばあさんの家にでかけました。
おばあさんは森の奥に住んでいます。
赤ずきんちゃんが森の入口に着いたとき、狼が出てきて、
「赤ずきんちゃん、おばあさんの所に行くんだろう。それなら、花を摘んで行きなよ。」
「それはいい考えね。」
森には、たくさんの花が咲いており、
赤ずきんちゃんが、寄り道をして花を摘んでいる間に、
狼はおばあさんの所に行きました。
そして、おばあさんをぺろりと飲み込んで、ベッドに潜り込みました。
赤ずきんちゃんが、おばあさんの家に着きました。
おばあさんはベッドに寝ていました。
「おばあさんの耳は大きいのね。」
赤ずきんちゃんが聞くと、おばあさんに化けたオオカミは、言いました。
「お前の声を聞くためさ。」
「目も大きいのね。」
「お前をよく見るためさ。」
「どうして口がそんなに大きいの。」
「それはお前を食べるためさ。」
狼はそういうと、赤ずきんちゃんをぺろりと飲み込んでしまいました。
その時、一人のりょうしが近くを通りかかり、おばあさんの家の庭で、狼がぐっすりと眠っているのを見つけました。
「おばあさんを食べたな。」
猟師はそういうと、狼のお腹をはさみで切りました。 すると、まず赤ずきんちゃんが出てきて、続いておばあさんもはいだしてきました。
猟師はかわりに狼のお腹に、石をつめました。
狼は目がさめると、そばに猟師がいるので、あわてて逃げ出しました。 でも、お腹に石が入っているので、うまく歩けず、バランスを崩し川へ落ちてしまいました。 赤ずきんちゃんは、おばあさんに言いました。 「もう森で寄り道はしないわ。狼に食べられちゃうものね。」

<<前のお話 シンデレラ | あかずきんちゃん | 次のお話 ほしのぎんか>>

  • カテゴリー別メニュー
    • トップページ
    • 童話
      • 人気の昔話
      • 日本の昔話
      • 面白い人の話
      • 動物の昔話
      • 世界の昔話
      • 童話たいとる一覧
    • 童謡
      • わらべ歌童謡
      • 季節風景の歌
      • 英語の歌
      • 童謡たいとる一覧