大人からお子様までたくさんのお話、童謡に触れてください♪

童話

<<前のお話 あかずきんちゃん | ほしのぎんか | 次のお話 オオカミと七ひきの子ヤギ>>

ほしのぎんか

タイトルイメージ作成中 右クリックで対象をファイルに保存
※ダウンロードの前に必ずお読み下さい。

むかし、むかし、小さい女の子がいました。
この子には、おとうさんもおかあさんももういなかったので、たいへんびんぼうで、住む家はないし、からだにつけた服のほかは、親切な人が恵んでくれた、パンひとかけらだけでした。
でも、この子は、心のすなおな優しい子でした。それでも、こんなにして世の中からまるで見すてられてしまっているので、この子は、ひとりぼっちで、野原の上をあるいて行きました。すると、そこへ、貧乏そうな男が出て来て、
「ねえ、なにかたべるものをおくれ。おなかがすいてたまらないよ。」と、いいました。
女の子は、もっていたパンすべて、その男にあげると、
「どうぞ神さまのおめぐみのありますように。」
と、いのってあげて、またあるきだしました。すると、こんどは、こどもがひとり泣きながらやって来て、
「あたい、あたまがさむくて、こおりそうなの。なにかかぶるものちょうだい。」
と、いうので、女の子は、かぶっていたずきんをぬいで、子どもにやりました。
それから、またすこし行くと、こんど出て来たこどもは、着物一枚着ずにふるえていました。 そこで、女の子はじぶんの上着をぬいで着せてやりました。それからまたすこし行くと、こんど出てきたこどもは、スカートがほしいというので、女の子はそれもぬいで、やりました。
そのうち、女の子はある森にたどりつきました。もうくらくなっていましたが、また、もうひとりこどもが出て来て、下着がほしいというので、心のすなおな女の子は少し迷いましたが、
(もうまっくらになっているからだれにもみられやしないでしょう。いいわ、下着もぬいであげることにしましょう。)
と、おもって、とうとう下着までぬいで、その子供にあげてしまいました。
さて、女の子の着ているものが、きれいさっぱりなくなってしまったとき、たかい空の上から、お星さまがばらばらおちて来ました。
「わあ。きれいね。お星様だわ。」
しかしよく見てみると、星だと思っていたものは、ちかちかと白銀色をした銀貨だったのです。
さらに、さっきまで服も下着も身に着けていなかった女の子は、いつのまにか新しい肌着をきていて、しかもそれは、やわらかい麻の肌着でありました。
女の子は、銀貨をひろいあつめて、それで一生ゆたかにくらしました。

<<前のお話 あかずきんちゃん | ほしのぎんか | 次のお話 オオカミと七ひきの子ヤギ>>

  • カテゴリー別メニュー
    • トップページ
    • 童話
      • 人気の昔話
      • 日本の昔話
      • 面白い人の話
      • 動物の昔話
      • 世界の昔話
      • 童話たいとる一覧
    • 童謡
      • わらべ歌童謡
      • 季節風景の歌
      • 英語の歌
      • 童謡たいとる一覧