大人からお子様までたくさんのお話、童謡に触れてください♪

童話

<<前のお話 ヘンゼルとグレーテル | しらゆき姫 | 次のお話 ながぐつをはいたネコ>>

しらゆき姫

タイトルイメージ作成中 右クリックで対象をファイルに保存
※ダウンロードの前に必ずお読み下さい。

ある国で、王様とおきさきの間に可愛い女の子が生まれました。
雪のように白いので「白雪姫」と名前が付けられました。
まもなく、おきさきは亡くなり、新しいおきさきが迎えられましたが、そのおきさきは、美しいけれど心の冷たい人でした。 おきさきは不思議な鏡を持っていて、こうささやきます。
「鏡よ鏡。この世で一番美しいのは誰?」
すると、鏡が答えます。「それはあなた。おきさきよ。」
さて、白雪姫はとても美しい娘に育ちました。
ある日、おきさきがいつものように鏡に聞くと、鏡は、「白雪姫が一番綺麗よ。」と答えたのです。
おきさきは、一人の狩人かりゅうどを呼んで、「白雪姫を殺しなさい。」と命令しました。
狩人は白雪姫を森に連れて行きました。でも、どうしても美しい姫を殺すことができません。 「森の奥に逃げなさい」狩人は白雪姫にそういい、おきさきには、「殺しました。」と、嘘の報告をしました。
白雪姫は、森の奥で、小さい家を見つけました。七人の小人の家です。小人たちは、白雪姫がかわいそうだと思い、一緒いっしょに暮らそうと言ってくれました。
さて、おきさきは、また鏡に向かって聞きくと、鏡は、「七人の小人の家にいる、白雪姫が一番綺麗。」と答えたのです。
「あの狩人め、騙したな!」おきさきは怒鳴りました。
そこで、おきさきは毒リンゴをつくると、粗末な身なりをして、小人たちの家に行き、 「りんごはいかがかね。」そういって白雪姫に近づきました。
「まあ、おいしそうなりんごね。」
おきさきは白雪姫をうまく騙して、毒リンゴを渡すと、白雪姫は、毒リンゴを一口食べ、ばたりと倒れました。 日が暮れると、小人たちが戻ってきました。見ると、白雪姫が死んでいます。
「なんと、かわいそうに。」
小人たちはそう言って、泣きながら白雪姫をガラスの棺に入れて山の上に置きました。
そこへ、道に迷った王子がやってきました。
そして、白雪姫を見て、「なんと美しい人だ。この方を私にゆずってください。」と、言いました。
小人たちがうなずくと、家来たちが白雪姫を城に運んでいきました。
途中、家来が木の根っこにつまずいて、棺ががくんと揺れました。
そのとたん、白雪姫の口から毒リンゴが飛び出して、白雪姫は生き返ったのです。
やがて、王子と白雪姫は結婚して、いつまでも幸せに暮らしました。

<<前のお話 ヘンゼルとグレーテル | しらゆき姫 | 次のお話 ながぐつをはいたネコ>>

  • カテゴリー別メニュー
    • トップページ
    • 童話
      • 人気の昔話
      • 日本の昔話
      • 面白い人の話
      • 動物の昔話
      • 世界の昔話
      • 童話たいとる一覧
    • 童謡
      • わらべ歌童謡
      • 季節風景の歌
      • 英語の歌
      • 童謡たいとる一覧