大人からお子様までたくさんのお話、童謡に触れてください♪

童話

<<前のお話 しらゆき姫 | ながぐつをはいたネコ | 次のお話 ねむり姫>>

ながぐつをはいたネコ

タイトルイメージ作成中 右クリックで対象をファイルに保存
※ダウンロードの前に必ずお読み下さい。

昔々のことです。
貧しい粉引(こなひ)きが死に、三人の息子が残されました。
一番上の兄は、水車小屋を、二番目の兄は、ろばをもらいました。
でも、末の男の子は猫を一匹もらっただけで、がっかりする末っ子に猫が言いました。
「きっと、いいことがありますよ。」
「私に、大きな袋と、丈夫な長靴をください。」
猫がそう言うので、末っ子は用意してやると、猫は、野原で袋を使って、兎を捕まえました。
そして、王様の所に行って、
「これはカラバ公爵(こうしゃく)様からの贈り物です。」
カラバというのは猫が末っ子に勝手に付けた名前でしたが、猫は王様に、カラバ様からだと言って何度も贈り物をしました。

ある日、王様と王女様が川のほとりを馬車で通りかかったところ、
「大変だ。カラバ様が水浴びをしている間に、泥棒に洋服を盗まれた!」
と、猫が騒いでいたので、王様は気の毒に思って、立派な洋服を末っ子に贈りました。
もともと姿のいい末っ子でしたので、立派な洋服を着ると、ことさらいい男に見えました。
王女様はうっとりと末っ子を見つめていました。
王様は末っ子を馬車に乗せました。すると、猫は馬車の先を走っていきました。
そして、草を刈っている人たちをこう言って脅しました。
「王様が来たら、ここはカラバ様の土地だと言え。そう言わないと八つざきにするぞ。」
「ひえー、わかりました。わかりました。殺されたくはない。」
猫の言葉に驚いた人たちは王様が尋ねたときも、猫の言うとおりに答え、
「すごく広い土地をもっているのだな。」
と、王様は感心しました。
猫はまた先を急ぎました。
今度は麦を取り入れている人たちがいました。そこで、さっきと同じように
「この麦はカラバ様のものだと言え!」
と脅したので、王様が来ると、みな、猫に言われたように答えました。
猫に殺されてはたまりません。
「すごいものだ。」王様はためいきをつきました。
やがて猫は人食くい鬼の住む大きな城に着き、鬼をたずね、聞きました。
「あなたはライオンに化けられるって、本当ですか?」
「もちろんさ。」
鬼はそう言うと、いきなり大きなライオンに化け、
「ガオーッ!」
ライオンのほえ声に、猫は震え上がってしまいました。
「でも、ネズミは無理でしょう?」
猫が言うと、鬼はさっとねずみに化けました。そこで猫は、鬼に飛びついて、パクリと食べてしまいました。
王様の馬車が近づくと、猫は城の外に出て、
「カラバ公爵様のお城に、ようこそ!」
「すばらしい城ではないか。」
王様は喜んで城の中に入り、広間のテーブルには、たくさんのご馳走が並んでいました。
これは鬼が自分のお客さんのために用意して置いたものでした。
ご馳走をお腹いっぱい食べた後、王様が言いました。
「カラバ公爵、王女と結婚してくれないか。王女もあなたを好きなようだ。」
末っ子は喜んで、この申し出を受け、二人は、その後結婚式をあげました。

貧乏だった粉ひきの息子は、ネコのおかげで幸せになりました。

<<前のお話 しらゆき姫 | ながぐつをはいたネコ | 次のお話 ねむり姫>>

  • カテゴリー別メニュー
    • トップページ
    • 童話
      • 人気の昔話
      • 日本の昔話
      • 面白い人の話
      • 動物の昔話
      • 世界の昔話
      • 童話たいとる一覧
    • 童謡
      • わらべ歌童謡
      • 季節風景の歌
      • 英語の歌
      • 童謡たいとる一覧