大人からお子様までたくさんのお話、童謡に触れてください♪

童話

<<前のお話 ながぐつをはいたネコ | ねむり姫 | 次のお話 くつやのこびと>>

ねむり姫

タイトルイメージ作成中 右クリックで対象をファイルに保存
※ダウンロードの前に必ずお読み下さい。

昔、ある国で、王様とおきさき様の間に、女の赤ちゃんが生まれ、さっそく、お祝いをすることになりました。
お祝いの席には、魔女もまねかれましたが、その国に魔女は十三人いたのですが、魔女に使う特別な金のお皿が十二枚しかなかったので、十二人の魔女が招かれることになりました。魔女たちは、赤ちゃんに贈り物をしました。
はじめの魔女はやさしい心を、二番目の魔女は美しさを・・・と贈り物をしていましたが、十一番目の魔女が贈り物をした時です。 突然、お祝いに呼ばれなかった十三番目の魔女が現れ、赤ちゃんにこう言ったのです。
「この子は十五歳の時、つむに刺されて死ぬ。」
そう言うと、さっと部屋を出て行きました。
つむとは糸をつむぐために使う道具のことです。
すると、まだ贈り物をしていなかった、十二番目の魔女が出てきました。
この魔女は十三番目の魔女の呪いを消すことはできませんでしたが、こう告げたのです。
「いいえ、この子は死にません。ただ百年、眠るだけです。」
王様は、すぐに国中のつむを燃やすように命令を出しました。
それからお姫様はすくすく成長し、十五歳になりました。
ある日、お姫様は一人でお城の塔に登ってみると、塔の奥では、一人のおばあさんがつむを使って、糸を紡いでいました。
「おばあさん、それはなあに?」
お姫様はつむを見たことがなかったのです。おばあさんはにやりと笑って答えました。
「これはつむだよ」
お姫様が手を伸ばすと、つむがぷつりと指を刺し、お姫様は、そのまま深い眠りについたのです。
眠ったのは、お姫様だけではなく、王様も、おきさき様も、家来も犬も鳩もかまどの火も眠りました。
やがて、お城はいばらですっぽりと覆われてしまいました。
それから人々は、姫のことを眠り姫と呼びました。たくさんの人が、眠り姫を起こそうとお城に行きました。でも、いばらに引っかかれて、誰一人お姫様のそばまでは行けなかったのです。
ちょうど百年が経ち、お城のいばらは、いつも美しい花を咲かせていました。
ある時、一人の王子様が、眠り姫を訪ねてきました。王子様が進むと、信じられないことにいばらは自然に道をあけました。お城に入ると、門番も料理番も眠っており、奥では、王様とおきさき様が眠っていて、何の音も聞こえません。
お城のいばらは、美しい花を咲かせており、ある時、一人の王子様が、眠り姫を訪ねてきました。王子様が進むと、信じられないことにいばらは自然に道をあけました。お城に入ると、門番も料理番も眠っており、奥では、王様とおきさき様が眠っていて、何の音も聞こえません。
王子様は、どんどん歩いてとうとう眠り姫の眠っている部屋につきました。
王子様は、姫の顔を見てつぶやきました。
「なんて美しい姫だろう。」
そしてそっと眠り姫のほおにキスをすると、眠り姫が目を覚ましたのです。
そして、やさしく王子様を見上げました。眠り姫と王子様が、手に手をとって、部屋から出てくると、王様とおきさき様が目を覚まし、それから、お城の全部のものが目を覚ましたのです。お城は急ににぎやかになりました。
やがて、眠り姫と王子様は結婚し、二人は、いつまでも幸せに暮らしたということです。

<<前のお話 ながぐつをはいたネコ | ねむり姫 | 次のお話 くつやのこびと>>

  • カテゴリー別メニュー
    • トップページ
    • 童話
      • 人気の昔話
      • 日本の昔話
      • 面白い人の話
      • 動物の昔話
      • 世界の昔話
      • 童話たいとる一覧
    • 童謡
      • わらべ歌童謡
      • 季節風景の歌
      • 英語の歌
      • 童謡たいとる一覧