大人からお子様までたくさんのお話、童謡に触れてください♪

童話

<<前のお話 三つのいわ | 三にんのこどもとオニ | 次のお話 あかんぼうをたべた女>>

三にんのこどもとオニ

タイトルイメージ作成中 右クリックで対象をファイルに保存
※ダウンロードの前に必ずお読み下さい。

むかし、むかし、あるところに貧しい家がありました。夫に先立たれ、妻は三人の子供を育てなくてはなりませんでした。
どうにもならないほどの貧しさゆえ、母は子供を山の奥深くに置き去りにすることにしました。
「山の中なら、野生の実を食べてきっと暮らしていけるわ。」
ある日、母は子供を山の奥深く連れて行き、こう言いました。
「お前たち、お母さんは食べられる野生の実を捜してくるから、ここでちょっと待っててね。」
子供たちは、暗くなるまでじっとお母さんが戻ってくるのを待っていましたが、長男、次男が泣き出したので、七歳の末っ子が二人に言いました。
「泣いてもどうにもならないよ。寝るところを捜そうよ。」と言って、木に登りました。
「あそこに灯りが見える。行ってみよう。」
末っ子は二人を励ましながら灯りの方へ歩いていくと、森の中に古い小屋があり、中で、おばあさんが囲炉裏で火を炊いていました。
「おばあさん、森の中で迷子になってしまいました。今晩泊めてください。」と末っ子が言いました。
「泊めてやってもいいけど、ここは鬼の家だよ。鬼がもうすぐ戻ってくる。戻ってきたら、お前たち食べられちゃうよ。逃げた方がいいよ。この道を行くと、鬼に出くわすから、あっちの道を行きなさい。」
でも三人はとても疲れていて、暗闇の中、その小屋から離れたくはありませんでした。
「おばあさん、へたへたで暗闇の中を歩けないよ。泊めて下さい。」
「鬼に食べられちゃうよ!」とその時、入り口で物音がしました。
「鬼が帰ってきた。どうしょう。」
おばあさんは三人を土間のかくし穴に押し込むと、上に麦わらをかぶせました。
「人間の臭いがするぞ。人間がここにいるぞ。」鬼が帰って来て家の中を捜し始めました。
「実は、子供が三人ここに来て、泊めてくれるよう頼みました。でもあなたが帰ってきた物音で、逃げてしまいました。」
「本当か。追いかけてくる。」鬼は家から飛び出しましたが、見つかりませんでした。
「子供より早く家に帰って来たかもしれない。待っていれば、戻ってくるに違いない。」
鬼はそう思って道沿いの岩の上に腰掛けま、他にすることがなく仰向けに眠ってしまいました。
おばあさんは、子供をかくし穴から出して、こう言いました。
「鬼は、千下駄という魔法の下駄を履いて家から駆けて行った。こっちの方に走って行きなさい。こっちは絶対だめだよ。」
子供たちは暗闇を走りましたが、途中迷子になってしまいました。誰かが森の中でいびきをかいているのを聞いて、そちらの方へ行くと、大きな鬼が大きな岩の上で寝ていました。
とても恐くて二人の兄は泣き始めました。
「泣いたってどうにもならないよ。寝ている間に逃げよう。」と末っ子が言いました。
鬼の前をこっそり通り過ぎようとしていた時、末っ子は魔法の下駄を目にしました。そして鬼からこっそり下駄を盗みました。
「お兄ちゃん、この下駄を履いて。魔法の下駄だよ。これを履けば、誰よりも速く走れるんだ。」と末っ子は言って、自分と次男は長男に身を寄せました。
「走れ、走れ、走れ!」末っ子は叫び、その声を聞いて、鬼は目を覚ましました。
「待て、お前ら!待て、がきども!」鬼は追いかけましたが、魔法の下駄がなければ、到底追いつくことはできませんでした。
三人の子供は無事に家に帰り、魔法の下駄のおかげで、お母さんと幸せに暮らしました。

<<前のお話 三つのいわ | 三にんのこどもとオニ | 次のお話 あかんぼうをたべた女>>

  • カテゴリー別メニュー
    • トップページ
    • 童話
      • 人気の昔話
      • 日本の昔話
      • 面白い人の話
      • 動物の昔話
      • 世界の昔話
      • 童話たいとる一覧
    • 童謡
      • わらべ歌童謡
      • 季節風景の歌
      • 英語の歌
      • 童謡たいとる一覧