大人からお子様までたくさんのお話、童謡に触れてください♪

童話

<<前のお話 かしこいむすめ | かぜのかみとこども | 次のお話 かためのろうじん>>

かぜのかみとこども

タイトルイメージ作成中 右クリックで対象をファイルに保存
※ダウンロードの前に必ずお読み下さい。

むかしむかし、ある秋の日、村で子供達が遊んでいました。
そこへ、村では見たことのない男がふらりとやってきて子供達に声をかけました。
「お前達、ここで遊んでいても何も食うものがないだろう。栗や柿や梨がたくさんあるところへ遊びに行きたくないか?あきるほどあるぞ。」
「ほんとうかい、うそじゃないだろうな」
「ほんとうだとも」
「俺らそんなところ行きたい。なあ、みんな。」
「うん、俺らも行きたい」
「俺らも」「あたいも」
「よし、そんじゃ俺が連れて行ってやる、さあお前達、これにまたがってしっかりつかまってろよ」
と、その男はお尻のあたりからしっぽのような長いものをずるっと出して、振り返って言いました。
「みんな、乗ったか」
「ああ、みんな乗ったよ」
みんなが答えると、ゴーっとひと風吹かせて、空に舞い上がりました。
「わぁーすごいすごい。空を飛んでいるよ。」
「みて、村が小さく見えるよ」
子供達は楽しみながら空をずらずら飛んで、しばらくすると、男は栗やら柿やら梨やらがどっさりみのっているところへおろしてくれました。
そして、またひと風吹かせて栗やら柿やらをバタバタ落としてくれました。みんなは喜び、たらふく食っては遊び、また食っては遊びをしていました。
やがて、あたりが暗くなりかけると、男は、
「うっかりしているうちに、夕方になってしまった。俺はこれから大急ぎでほかのところへ行かなきゃいけない。お前達だけで家へ帰れよ。」
と言うと、早い風に乗ってどこかへ行ってしまいました。
しかし、はじめてくる山で子供達は帰り道などわからず、エンエンと泣きました。あたりはもう真っ暗。
すると遠くに明かりがひとつぼーっと見えました。
「あっ、あそこに家がある」
みんなで、からだをくっつけあってその家へ行くと、中に大きなおばあさんがいました。
「お前ら、どっからきたんだい」
「俺ら、よそのおじさんに長いもんに乗せられて風に乗ってここにきたんだ。栗や柿やら梨やらをうんとごちそうになったけど、そのおじさんがどっかに行っちまって、俺達家に帰ることができなくなったんだ。」
「そうか、その男はきっとうちの南風だよ。ほんとに気まぐれなんだから。でも心配ないよ、じきにうちの北風って子にお前らを送らせてあげるからね。私達は風の神の親さ」
そう言って、子供達を家の中へ入れ、ご飯と豆腐汁をごちそうしてくれました。
みんながあったまったところで風の神の親は、
「これ、あんた、起きれ、起きれ」
と寝ていた北風を起こし、子供達を北風のしっぽにのせてくれ、風を吹かせて村に帰っていきました。
「ありがとう風さん、さようならー。」
村では夜になっても子供達が帰ってこないので、大騒ぎしてあたりを探し回っているところでした。そこへ北風が吹いて、空から子供達がかえってきたので、村中大喜びしました。

<<前のお話 かしこいむすめ | かぜのかみとこども | 次のお話 かためのろうじん>>

  • カテゴリー別メニュー
    • トップページ
    • 童話
      • 人気の昔話
      • 日本の昔話
      • 面白い人の話
      • 動物の昔話
      • 世界の昔話
      • 童話たいとる一覧
    • 童謡
      • わらべ歌童謡
      • 季節風景の歌
      • 英語の歌
      • 童謡たいとる一覧