大人からお子様までたくさんのお話、童謡に触れてください♪

童話

<<前のお話 こめんぶくあわんぶく | ざしきわらし | 次のお話 しあわせのエンドウマメ>>

ざしきわらし

タイトルイメージ作成中 右クリックで対象をファイルに保存
※ダウンロードの前に必ずお読み下さい。

むかし、むかし、東北地方のある川で、小舟に乗って魚を取っている人がいました。
魚網を引き上げようとした時、子どもが自分を呼んでいるような声が聞こえたので、振り向いてみると、荷物を風呂敷に包んで川岸に立っている子どもが、自分の方に手を振っています。
「今、呼んだのはお前さんかな。そんな所で何をしているのかな。」
「僕、向こう岸まで泳ごうと思ったんだけど、水が冷たくて止めたんだ。向こう岸まで僕を乗せてってくれないかな。」
「いいよ。でもちょっと待ってくれ。網を上げ終わったら、向こう岸に連れて行ってやるから。」
男は、舟を漕ぎながら、隣りに座っている子どもに尋ねました。
「さて、これからどうするつもりかな。」
「うん、僕、ほんの数時間前まで、あの村に古くからある家に何の不自由もなく暮らしていたんだ。でもこんど家を立て直すことになったんで、僕そこを出ることにしたんだ。こっちにも古い家があるんだ。」
子どもは、反対側の村を指差し、言いました。
「しばらくそこに居ようと思うんだ。」
舟は、じきに川岸に着くと、
「着いたぞ。元気でな。坊や。」そういって、男が振り返ると、子どもの姿はありません。キツネにつままれたような思いでした。
うわさによると、村一番繁盛した家が突然商売がうまくいかなくなりました。家を立て直したからだ、と人々は口々に言いました。
一方、別の古びた家が突如繁盛し始めました。
そこは古くからある宿屋でしたが、実はうまく行っていませんでした。宿泊客が何日もいないこともありました。でもある日のこと、客が一人泊まり、夕食後、くつろいでいると、男の子が部屋に入って来ました。
「僕と腕相撲やらない。」
「いいよ。でも坊やには勝ち目はないよ。」暇を持て余していた客は、子どもの誘いを受け入れました。
ところが何回やっても子どもには勝てず、とうとう降参しました。
翌朝、男は宿の主人に言いました。
「実に強いお子さんですね。夜、腕相撲をやって、楽に勝てると思いましたが、何回やっても勝てません。息子さんに勝てる者はいないでしょう。」
「息子と腕相撲。何のことでしょう。家には息子なんていませんよ。」
それからと言うもの、そのうわさは広まり、宿屋はあっと言う間にその地方に知れ渡り、大勢の客がやって来たので宿は泊り客であふれていました。
数年が経ち、その宿屋の主人は、誰かが玄関から出て行くような気がしたので、入り口を見ましたが、誰もいません。それからというもの、客の足はすっかり途絶えてしまいました。
「あの子がどこかに行ってしまったんだわ。」人々はうわさしました。

<<前のお話 こめんぶくあわんぶく | ざしきわらし | 次のお話 しあわせのエンドウマメ>>

  • カテゴリー別メニュー
    • トップページ
    • 童話
      • 人気の昔話
      • 日本の昔話
      • 面白い人の話
      • 動物の昔話
      • 世界の昔話
      • 童話たいとる一覧
    • 童謡
      • わらべ歌童謡
      • 季節風景の歌
      • 英語の歌
      • 童謡たいとる一覧