大人からお子様までたくさんのお話、童謡に触れてください♪

童話

<<前のお話 しあわせのエンドウマメ | しちふくじん | 次のお話 じひのかみさま>>

しちふくじん

タイトルイメージ作成中 右クリックで対象をファイルに保存
※ダウンロードの前に必ずお読み下さい。

むかし、むかし、ある所におじいさんとおばあさんが住んでいました。
1月のある雪の日、二人の家に七福神が訪れてきたので、二人は、とても貧しかったので、どうもてなしたらよいのかわかりませんでした。
「七福神さま、この大雪の中、わざわざおいで下さりまして、誠にありがとうございますだ。」とおじいさん。
「雪の降りが強いので、何か被るものを借りようと思って寄らせていただきました。」と一人の神様。
二人は、家中をさがして、どうにかわらと笠を四つ見つけましたが、あと三つは見つかりませんでした。
それでも二人は、さらにさがして、破れた紙笠を二つ見つけることができましたが、神様一人だけ、まだ被るものがなく、雪に中に立っています。
二人は、さらに、家の中や外を必死にさがして、ぼろぼろのわらをさがすことができました。
「あった。あった。」とおばあさんは言って、神様に渡しました。
「誠にかたじけない。」と神様たちは言うと、大雪の中、笑顔で家をあとにしました。
「お元気で。おたっしゃで。」と二人は、何度も何度もお辞儀をして、七福神を見送りました。
「今日は、よいことをしたのでとても幸せじゃ。」と二人はともども言いました。
そして春がきて、夏がきて、秋がきて、冬がきて、大晦日になり、おじいさんはおばあさんに言いました。
「残念ながら、何もなくて新年の準備ができないな。」
とその時、誰かが表戸の所にいるようだったので、おばあさんが戸を開けると、そこには七福神が立っておりました。睦月の雪の日お見えになった神様たちです。
「おじいさん、おばあさん。今日は、今年の初めお世話になったお礼に訪れました。」と一人の神様。
「おじいさん、おばあさん。何かほしい物はありますか。ほしい物があったら、遠慮なくいって下さい。」と別の神様が聞いてきたので、おじいさんは、神様に言いました。
「またおいで下さりまして誠にありがとうございますだ。実は、貧しくて、お金も米も、何もありませんじゃ。」
神様は相談すると、一人の神様がおじいさんに打ちでの小槌を手渡しました。
「この小槌でほしい物は何でも手に入るぞ。」
神様たちは家を去って行きましたが、一人の神様だけが、まだそこにいました。ぼろぼろのわらを最後に渡した神様でした。
「他にほしい物はありませんか。言って下さい。」
「私たちは、もう年ですけど、実は、子供が欲しいと思っております。」とおばあさんが恥ずかしげに言いました。
「それでしたら、明日の朝、元旦、お日様が昇るとき、二人でこう言いなさい。『あけましておめでとうございます。子供ができますように。』二人は、若がえって、子宝に恵まれるでしょう。」
元旦を迎えました。二人は声をそろえて言いました。
「あけましておめでとうございます。子供ができますように。」神様に言われたように、みつめあいながら。 するとどうでしょう。あっと言う間に、二人は若がえり、まもなく、二人は、女の子が一人と男の子が二人を、授かりました。

<<前のお話 しあわせのエンドウマメ | しちふくじん | 次のお話 じひのかみさま>>

  • カテゴリー別メニュー
    • トップページ
    • 童話
      • 人気の昔話
      • 日本の昔話
      • 面白い人の話
      • 動物の昔話
      • 世界の昔話
      • 童話たいとる一覧
    • 童謡
      • わらべ歌童謡
      • 季節風景の歌
      • 英語の歌
      • 童謡たいとる一覧