大人からお子様までたくさんのお話、童謡に触れてください♪

童話

<<前のお話 しっぽの釣り | かしこいイノシシとサル | 次のお話 スズメとキツツキ>>

かしこいイノシシとサル

タイトルイメージ作成中 右クリックで対象をファイルに保存
※ダウンロードの前に必ずお読み下さい。

むかし、むかし、日本の中ほど信州という所に一人の男が住んでおり、サル回しや動物の芸を見せて暮らしていました。
ある晩のこと、男は不機嫌な様子で家に帰って来て、妻に、明日の朝、肉屋にサルを連れて行ってもらうよう言いました。何のことかわからなく、妻は夫に尋ねました。
「一体どうしたのですか。」
「あのサルも年で、芸を忘れた。棒でたたこうが、一向にうまく踊れない。もうだめだ。」
妻は、サルを哀れに思い、夫に考え直すようにお願いしましたが、無駄でした。夫の決心は変わりませんでした。
サルは、隣の部屋で二人の会話を聞いていて、自分が殺されるとわかり、こう思いました。
「何と人でなしの主人だろう。長年忠実に仕えてきたのに、余生を平穏に過ごさせてくれるどころか、肉屋に殺させるつもりだ。何と悲しいかな。どうすればいいのだろう。」
しばし思案に暮れました。
「そうだ。いい考えが浮かんだ。近くの森にたいそう頭の良いイノシシが住んでいる。彼の所に行けば、きっと相談に乗ってくれる。さっそく行って来よう。」
ぐずぐずしていられませんでしたので、サルは家からこっそり抜け出すと、イノシシの所へ一目散にかけて行きました。
イノシシは家にいました。サルは悲しい身の上話を語り始めました。
「イノシシさん、とても頭がいいとお聞きしました。今とても困っています。私を助けられるのはあなた様だけです。主人に長年仕えてきましたが、もう年でうまく踊れません。そんな私を主人は肉屋に渡そうとしています。どうにかならないものでしょうか。頭の良いあなた様だけが頼りです。」
イノシシはサルのお世辞に大満足、サルを助けることにしました。しばし考えこう言いました。
「主人に子どもはいないか。」
「います。まだ赤ん坊ですが。」
「おかみさんは、朝の仕事の際、その赤ん坊を縁側に置かないか。」
「置きます。」
「よし、俺がチャンスを伺って、赤ん坊をつかんで逃げる。」
「そしたら。」サルは聞くと、
「おかみさんはパニックになるだろう。そこで、お前さんが俺様を追いかけて、赤ん坊を助け出し、無事に親元に持ち帰る。そうすれば肉屋が来ても、お前さんを渡そうなんてことはなくなる。」
サルはイノシシに何度も何度もお礼を言うと、家に戻りましたが、その晩はよく眠れませんでした。
サルの命は、イノシシの計画がうまく行くかどうかにかかっているからです。一番に目を覚ますと、今まさに起ころうとしていることを今か今かと待っていました。
おかみさんが起きだし、家の掃除や朝ごはんの用意をしている間、いつものように赤ん坊を玄関の近くにおきました。
その時です。玄関で物音がしたかと思うと、赤ん坊が大きな泣き声をあげました。
お勝手から飛び出てきたおかみさんが見たものは、イノシシが赤ん坊を抱えて門から出て行く姿でした。おかみさんは、大声を上げて、夫がまだぐっすり寝ている奥の部屋に走りこみました。
夫は起き上がると、目をこすり、どうしてそんなに騒がしいと妻をいさめました。
すぐに事情をさとって、いそいで門の外に出ましたが、イノシシはもうと遠くの方にいましたが、なんとサルがイノシシを追いかけているではありませんか。二人は賢いサルの勇敢な振る舞いにすっかり感動しました。
そして、忠実なサルが子供を無事に連れ戻してくれた時は、言葉では表せないうれしさで一杯でした。
「ほらね。」おかみさんが言いました。
「これがあなたが殺そうとしたサルですよ。サルがいなかったら、子供もいませんでしたよ。」
「今度ばかりは、お前の言うとおりだな。」主人は子供を抱き上げ家に入りながら言いました。
「肉屋が来たら帰ってもらいなさい。さあ朝ごはんだ。サルにもな。」
肉屋が来ましたが、晩御飯にイノシシの肉の注文を受けただけで、帰ることになりました。
それからはサルはたいそう可愛がられ、余生を平穏に暮らしました。

<<前のお話 しっぽの釣り | かしこいイノシシとサル | 次のお話 スズメとキツツキ>>

  • カテゴリー別メニュー
    • トップページ
    • 童話
      • 人気の昔話
      • 日本の昔話
      • 面白い人の話
      • 動物の昔話
      • 世界の昔話
      • 童話たいとる一覧
    • 童謡
      • わらべ歌童謡
      • 季節風景の歌
      • 英語の歌
      • 童謡たいとる一覧