大人からお子様までたくさんのお話、童謡に触れてください♪

童話

<<前のお話 きょうとカエルとおおさかカエル | ネズミきょう | 次のお話 サルちょうじゃ>>

ネズミきょう

タイトルイメージ作成中 右クリックで対象をファイルに保存
※ダウンロードの前に必ずお読み下さい。

むかし、むかし、ある所に、とても信仰深いおばあさんがすんでいました。でもおばあさんは、字が読めないので、仏様のお経は知りませんでした。
ある日の夕方、旅人がおばあさんの所へ尋ねて来ました。
「ごめん下さい。泊めてもらえますか。もう暗くて足元がわかりません。」旅人は、入り口で言いました。
「お経を教えてくれたら、泊めてもいいよ。」
「いいですよ。わかりました。」とは、言ったものの、本当は旅人もお経は全く知りませんでした。
床に入る前に、おばあさんにお経を教えることになったので、旅人は困っていると、ネズミが天井の穴から出てきて、あちこち動き回っているのが見えました。
「アチコチウゴキマワル。」旅人は教えました。
ネズミが穴に入ると、また出て来ました。
「マタアチコチウゴキマワル。」
ネズミが穴の中を覗き込むと、別のネズミが出てきて、二匹で中を覗きました。
「ニヒキガアナヲノゾク。」
二匹のネズミは何かを話しているようです。
「ナニカヲハナシテイル。」旅人はネズミのお経を終えると、おばあさんは、それからは朝に晩に、毎日お経を読んで幸せでした。
「アチコチウゴキマワル。マタアチコチウゴキマワル。ニヒキガアナヲノゾク。ナニカヲハナシテイル。」
ある日、泥棒が二人、おばあさんの家に忍び込もうとしていました。
一人が入ろうとしていた時、ちょうど家の中でおばあさんが言いました。
「アチコチウゴキマワル。」
泥棒は驚いてちょっと後ずさりしましたが、再び入ろうとしました。するとおばあさんが言いました。
「マタアチコチウゴキマワル。」
泥棒は仲間を呼ぶと、入り口の穴から部屋の中を覗き込みました。
「ニヒキガアナヲノゾク。」
「あの婆さん、何でもわかっているようだ。この家に入るのはよそう。」泥棒が言いました。
「俺もそう思う。別の家に行こう。」
「ナニカヲハナシテイル。」
泥棒はあわてて、おばあさんの家から逃げました。

<<前のお話 きょうとカエルとおおさかカエル | ネズミきょう | 次のお話 サルちょうじゃ>>

  • カテゴリー別メニュー
    • トップページ
    • 童話
      • 人気の昔話
      • 日本の昔話
      • 面白い人の話
      • 動物の昔話
      • 世界の昔話
      • 童話たいとる一覧
    • 童謡
      • わらべ歌童謡
      • 季節風景の歌
      • 英語の歌
      • 童謡たいとる一覧