大人からお子様までたくさんのお話、童謡に触れてください♪

童話

<<前のお話 ネズミきょう | サルちょうじゃ | 次のお話 ふるやのもり>>

サルちょうじゃ

タイトルイメージ作成中 右クリックで対象をファイルに保存
※ダウンロードの前に必ずお読み下さい。

むかし、むかし、ある年の大晦日、長者さんの家では、新年の準備で大忙しでした。
そんな折、誰かが玄関を叩く音がしたので、長者が戸を開けると、そこにはみすぼらしいお坊さんが立っており、体は雪で真っ白で、びしょびしょでした。
お坊さんは、物静かに主人に言いました。
「道に迷ってしまいました。外も暗くなってしまいましたので、一晩泊めてもらえませんでしょうか。」 「あなたのような汚らしい坊主は泊められません。」と主人は言うと、戸をピシャと閉めまてしまいました。
お坊さんは、別の家を探し戸を叩くと、そこはおじいさんとおばあさんが住んでおりました。
「道に迷ってしまいました。外も暗くなってしまいましたので、一晩泊めてもらえませんでしょうか。」
「大晦日にお坊さんに来ていただくとはありがたいことです。散らかっておりましが、どうぞお入りください。」
と二人は言って、お坊さんをいろりの所で体を温めるよう薦めました。
「ありがたいことです。このいろりになべを掛けて、じゃがいもを三つ入れてみてください。」とお坊さんは、物静かに言いました。
おぼうさんは、正座すると手を合わせ、目を閉じてお祈りしました。
すると、驚いたことに、そのなべから、米や餅や野菜や魚や肉などが出てきました。
「お坊さん、驚きました。新年を前に、こんなすばらしいものありがとうございます。夢のようです。」
「感謝の気持ちを送りたいと思いますが、何かほしい物はありませんか。」
「いえ、もう十分です。お気持ちだけで結構です。」
でもお坊さんが、どうしてもと言うので、二人はこう答えました。
「もう年で働くのも大変になりました。若ければ、また一生懸命働くことができます。」
お坊さんは、袖から粉を少し取り出すと、言いました。
「お風呂に、この黄色い粉を入れて、入りなさい。」
その晩、二人はその粉を入れたお風呂に入ると、不思議なことが起こりました。
なんと二人は、若がえっていました。
このことを聞くと、あの長者は、お坊さんを探し出し、力ずくに家に連れてくると、豪かな食事の前に座らせ、魔法の粉を要求しました。
お坊さんは、長者に、黄色ではなく赤い粉をあげました。
長者は、お坊さんを追い出すと、さっそく赤い粉を入れた風呂に、妻と一緒に飛びこむと、二人は、なんとお尻の赤いさるになってしまいました。

<<前のお話 ネズミきょう | サルちょうじゃ | 次のお話 ふるやのもり>>

  • カテゴリー別メニュー
    • トップページ
    • 童話
      • 人気の昔話
      • 日本の昔話
      • 面白い人の話
      • 動物の昔話
      • 世界の昔話
      • 童話たいとる一覧
    • 童謡
      • わらべ歌童謡
      • 季節風景の歌
      • 英語の歌
      • 童謡たいとる一覧