大人からお子様までたくさんのお話、童謡に触れてください♪

童話

<<前のお話 サルのいちもんせん | 三びきの子ブタ | 次のお話 ジャックとまめの木>>

三びきの子ブタ

タイトルイメージ作成中 右クリックで対象をファイルに保存
※ダウンロードの前に必ずお読み下さい。

昔、おばあさんと三匹の子ブタがいました。
ある時、おばあさんが子ブタたちに言いました。
「この家にはもう食べる物がないよ。みんなここを出て、幸せをおさがし。」
そこで、三匹の子ブタは、それぞれに家を出ました。
初めに家を出た子ブタは、わらで家を造りました。
すると間もなくオオカミがやってきました。
「子ブタや子ブタ。わたしを家に入れておくれ。」
「いやだ、食べられちゃうもの。」と、子ブタが言うと、オオカミは笑って、
「わらの家なんか、ふっふーのふーとひとふきさ。」
そして、ふっふーのふーとわらの家を吹き飛ばして、子ブタを食べてしまいました。
二番目に家を出た子ブタは、木の枝で家を造りました。
すると、やはりオオカミがやってきて、
「木の枝の家なんか、ふっふーのふーを二回さ。」
そして、ふっふーのふー、ふっふーのふーで 家を吹き飛ばして、子ブタを食べてしまいました。
三番目に家を出た子ブタは、レンガで家を造りました。
レンガの家は、オオカミが何回ふっふーのふーと頑張っても、吹き飛びません。
怒ったオオカミは、「覚えていろ。必ずおまえを食べてやる。」と言って、帰っていきました。
次の日、オオカミがやってきて、子ブタに呼び掛けました。
「美味しいカブがなっている畑に行こうよ。」
「いいよ。何時に行くの?」
子ブタが言うと、オオカミは、「六時だよ。」と答えたので、子ブタは五時に畑に行って、カブを全部取ってしまいました。
オオカミは悔しがって、また言いました。
「明日の四時に、りんごを取りに行こう。」
そこで 子ブタは三時に行って、りんごを全部もいできました。
怒ったオオカミは、子ブタの家の屋根に登り、煙突から家の中に入ろうと考えました。
子ブタは、煙突の下で火を燃して、大きな鍋でお湯を沸かしました。
煙突からおりてきたオオカミは、そのお湯の中にボチャーン! と落ちました。
「あつい、あついよー! 助けてくれー!」
泣きさけぶオオカミに、子ブタが言いました。
「じゃあ、もう悪い事はしないか?」
「しない、しない」
「じゃあ、食べた子ブタたちをかえすか?」
「かえす、かえす。だから助けてくれー!」
「よし、約束だぞ」
そういって、オオカミをナベから出してやると、オオカミは食べた子ブタたちをはき出して、泣きながら山に逃げていきました。
助かった子ブタたちはレンガの家で、なかよく暮らしました。

<<前のお話 サルのいちもんせん | 三びきの子ブタ | 次のお話 ジャックとまめの木>>

  • カテゴリー別メニュー
    • トップページ
    • 童話
      • 人気の昔話
      • 日本の昔話
      • 面白い人の話
      • 動物の昔話
      • 世界の昔話
      • 童話たいとる一覧
    • 童謡
      • わらべ歌童謡
      • 季節風景の歌
      • 英語の歌
      • 童謡たいとる一覧