大人からお子様までたくさんのお話、童謡に触れてください♪

童話

<<前のお話 わたしたちのアデルおばさん | きんのゆびわ | 次のお話 さいおうがうま>>

きんのゆびわ

タイトルイメージ作成中 右クリックで対象をファイルに保存
※ダウンロードの前に必ずお読み下さい。

あるところにひとりの男がいました。
男には女房がいて二人とも長年畑を耕し、牛を育ててまじめに暮らしてきましたが、なかなかお金も貯まらず、くらしはちっとも豊かになりませんでした。
毎日一日の仕事が終わる日暮れ時に男は家の門の所に座って、前を通る人を眺めながら、どうしたらもっとお金が稼げるようになるかとおもいをめぐらすのでした。

あるときいつものように男が夕方門のところでじっと座り込んで行く先を考えていると、一人の老人が通りかかりました。
「なにをそんなに深く考え込んでいるんだね?」
と老人がたずねてきたので、男は顔をあげ、見慣れぬ老人を眺めてさもなさけなさそうに答えました。
「おれはずいぶんとまじめに長い事働いてきたんだ。それなのに暮らしはちっとも楽にならない。一体なにをどうすればよくなるものかと、毎日仕事が終わるとこうして考えているんだよ。」
すると老人はにっこり笑っていいました。
「なんだい。そんなことならそれほど深く考え込むほどのことでもあるまい。」
といい、老人はおどろいている男をみて
「それ、この道。この道を3日の間ずっとまっすぐに歩き続けると、道の真ん中におおきな木のあるところにたどり着く。そしたら斧でその木を切り倒すんだ。そうすればきっとお前さんの望みがかなうようになるだろう。」
と言いました。
男は、いきなり立ち上がると斧をかついで、一散に道を歩き始めました。
夜も昼も歩き続けて3日目。確かに道の真ん中に大きな木のあるところに行き着き、男は必至になって木を切り倒そうと一生懸命もってきた斧をふりました。
しばらくして木は大きな音を立てて切り倒され、その拍子に木の上から男の足元に二つの卵が落ちてきました。卵はぱかんと割れ、その一つからは鳥が出てきました。 鳥は見る見る大きな鷹となって男の頭の上を飛びながら言いました。
「おまえは俺を助けてくれた。もう一つの卵の中の金の指輪をおまえにやろう。この指輪はおまえのねがいをきっとかなえてくれるだろう。だがそれは一生に一つだけだ。よく考えて一番良い願いをするがいい。」

男は指輪を持って家を目指しました。
途中宿を取って夜を過ごしましたが、そのとき宿の主人が男が身なりに似つかわしくない立派な指輪を持っているのを見て、一体それはどうしたのだと訊ねたので、男はこれまでのことを主人に話しました。
すると勿論宿屋の主人はその指輪が欲しくてたまらなくなり、男が寝入ったそのすきに男の金の指輪とそっくりの指輪を交換し、そ知らぬ顔をして男を送り出しました。
それから宿屋の主人は部屋に入ると金の指輪に「金貨百万枚!」と叫ぶと、いきなり上から金貨の雨が降り始め、主人が何かを叫んでいる声さえもかき消すほどの音と大変な重みとでとうとう宿屋はゆかが抜け、ぺしゃんこにつぶれてしまいました。
音を聞きつけ、また突然崩れた宿屋を見にたくさんの人が集まりましたが、みな大変な数の金貨を見て我先に金貨を集め始め大変な騒ぎになりました。
そして、その騒ぎの治まった頃、抜けた床下から宿屋の主人が死んでいるのをみつけました。

一方あの男は家に帰ると女房にこれまでのわけを話し、いったいなにを願うかと一晩中考えました。
女房が「それなら裏の畑をもう少し広げられるように願ったら?」といいましたが、
男は「何をいっているんだ。そんなことならもう少し働けばすぐ自分のものになるさ。」
といいその言葉どおりせっせと働いたところ一年後には狭くて小さかった裏の畑をすっかり大きく広いものにしてしまいました。
「そら、よかったじゃないか。一生に一つだけなんだ。どうにもならないがどうしてもなんとかしてほしいことを頼めばいいんだ。」
と男は言うと、また女房は「もう少し牛が増えるように願ってよ。」といいましたが、男はたしなめ、またせっせと一年働いてやせた数頭の牛をたくさんの牛にしてしまいました。
そんなふうにして二人はせっせと働いたので、いつのまにか村で一番の金持ちになってしまいました。
しかし男は相変わらず毎日夕方になると、門の前に腰掛けては、指にはめた金の指輪を大事そうにまわしながら道行く人を眺め、人々は今では村一番の金持ちになったその男に丁寧に挨拶していくのでした。

そうしてある日、男は死にました。
残ったものたちは男の葬式をするときにあの金の指輪をどうするか話し合いました。
でも男の女房は少し前に死に、いまでは指輪のわけを知っている者もありません。
「毎日夕暮れになると門の前に座ってこの指輪を回していたんだ。きっと女房との間でのいい思い出があるんだよ。一緒に入れてやろう。」
人々はそういって棺の中の男の指にあの金の指輪をはめてやったということです。

<<前のお話 わたしたちのアデルおばさん | きんのゆびわ | 次のお話 さいおうがうま>>

  • カテゴリー別メニュー
    • トップページ
    • 童話
      • 人気の昔話
      • 日本の昔話
      • 面白い人の話
      • 動物の昔話
      • 世界の昔話
      • 童話たいとる一覧
    • 童謡
      • わらべ歌童謡
      • 季節風景の歌
      • 英語の歌
      • 童謡たいとる一覧