大人からお子様までたくさんのお話、童謡に触れてください♪

童話

<<前のお話 きんのゆびわ | さいおうがうま | 次のお話 サルになった子>>

さいおうがうま

タイトルイメージ作成中 右クリックで対象をファイルに保存
※ダウンロードの前に必ずお読み下さい。

むかし、むかし、国境の村に老人とその息子が住んでいました。
老人が飼っている馬は穏やかで、頭がよく、そして力もちなので、重い荷物も、たやすく運ぶので、村人たちにはいつもうらやましがられていました。
「あのおじいさんの馬は実にいい馬だ!」
ほめるだけでなく、時には借りて仕事を手伝わせることもありました。
ある日のこと、馬を馬小屋から出そうと行ってみると、いつものいななきが聞こえてきません。中はシーンと静まり返っています。
「馬が逃げた!」
その知らせはまたたく間に村中に広まり、仲間や近所の人がやって来て、口をそろえてこう言いました。
「気の毒だなぁ。馬がいなくなって。実にいい馬だった。がっかりだよな。森の中にまだいるかも知れんぞ。俺たちも探すのを手伝うよ。じゃなかったら、誰か馬のうわさを聞いたやつが盗んだのかも知れんぞ。」
おじいさんは落ち着いていました。
「心配ご無用。その内きっといいことがあるでしょう。」

数日後、おじいさんは馬のなきごえが森の中から聞こえてきたような気がしたので、森の中に入ってみると、何と、いなくなった馬が野生の馬数頭と一緒にいるではありませんか!それはおじいさんの馬についてきているようで、どの馬もすばらしい毛並みでした。
「ひい、ふう、みい・・・」全部で十一頭いましたが、おじいさんは、一頭も家に連れて帰らず、代わりに一頭ずつ木につなぎました。
村人はすぐおじいさんの馬のことを話題にし、おじいさんのところへ行くとこう言いました。
「信じがたいことだ。お前さんはなんて運がいいんだ。今や村一番のお金持ちじゃないか。」
おじいさんは、冷めた声で言いました。
「お言葉感謝いたします。でもこれで幸せになるわけではありません。もしかすると、良くないことが近々起こるかもしれません。」
おじいさんは息子に注意しました。
「あの野生の馬は危険だ。人を乗せたことがない。まずは馴らすことが肝心だ。家の馬はいいが、あれに乗ってはいかん。」
でも息子は野生の馬を乗りこなしたいという気持ちは強くなるばかりで、 ついに我慢できず、その一頭に乗ってしまいました。
しかし乗ったとたん馬はあばれだし、投げ出されてしまいました。馬はかん高い声でなくと、やがて走り去ってしまいました。若者は足の骨を折って動けません。
そのことはすぐに村中に知れ渡り、村人は言いました。
「ひどい目にあったな。まさかあんなことになるとは。息子さんは本当に気の毒だな。」
おじいさんは極めて冷静に答えました。
「お言葉感謝いたします。でも息子のことは心配しておりません。いいことがあるかもしれません。」

数週間後、隣国との間で争いが始まり、村の若者は全員、戦いにかりだされました。しかしおじいさんの息子だけは免れました。
「いやー、お前は使い者にならん。家に帰ってよし。」
激しい戦いになり、悲しいことに、村の若者の多くが死んでしまいました。
村人たちは口々におじいさんのことを話しました。
「何と運のいいおじいさんだ!じきに息子も怪我が治り、また働けるようになるだろう。」
おじいさんの考えは、不幸にくよくよすることも幸せに浮かれることもなく、幸福や不幸は予想しようがないことだと教えてくれたのでした。

<<前のお話 きんのゆびわ | さいおうがうま | 次のお話 サルになった子>>

  • カテゴリー別メニュー
    • トップページ
    • 童話
      • 人気の昔話
      • 日本の昔話
      • 面白い人の話
      • 動物の昔話
      • 世界の昔話
      • 童話たいとる一覧
    • 童謡
      • わらべ歌童謡
      • 季節風景の歌
      • 英語の歌
      • 童謡たいとる一覧