大人からお子様までたくさんのお話、童謡に触れてください♪

童話

<<前のお話 サルになった子 | ガラスの少女 | 次のお話 大食らいのおとこのこ>>

ガラスの少女

タイトルイメージ作成中 右クリックで対象をファイルに保存
※ダウンロードの前に必ずお読み下さい。

あるところにガラスの少女がいました。
少女の体はすべてガラスで出来ており、顔も体も手も足も髪や目や口さえもガラスで出来ていました。
ですから体はとても透き通っていて向こう側が見えていました。
そして少女の胸にはたった一つ、その心臓だけがトクントクンといつも同じ動きをしているのが見えていて、心臓はハートの形をしていました。

少女の住んでいるところには誰もおらず少女はいつも一人でした。
少女は言葉を知りませんでしたが踊ることが大好きで、風が吹いたり木がざわめいたり雨が降ったりお日様がキラキラ光るような良いお天気の日などは花の中で小鳥達と一緒によく踊っていました。
そういうときの少女の心臓はとってもきれいなピンク色をしていました。
でもこのところ少女の心臓はずっとつめたいブルーの色をしていました。

すこし前にいつも遊んでいる湖のほとりでふと少女は水の中に女の子を見たのです。
その日はとっても穏やかな日でおまけに大変寒い日だったので水は凍って鏡のようになっていたのです。 そしてそこに少女は自分と知らずに自分と同じ姿の女の子を見て、びっくりしましたが、とても興味を引かれて近づき手を振ったり笑ってみたりして合図を送りました。
すると向こうの女の子も同じ事をして少女に答えたのです。
少女はすっかり嬉しくなって心臓が濃いピンクになったほどでした。
二人は冬の間中毎日湖で楽しく過ごしました。
向こうの女の子も踊ることが上手でしたしわらうととても可愛らしかったのです。

でもあるとき氷は溶け始め向こうの女の子とはそれからずっとあえなくなってしまっていました。
それで少女はこのところずっとさびしくてシャラシャラと音のするようなガラスの涙をたびたび流していました。 ですから少女の心臓はそれ以来つめたいブルーの色をしていたのです。

ある日少女はふと思いつきました。
「そうだ、さがしにいこう!探しにいけばいいんだ」
そして生まれて初めてその森を抜け、険しい山道をたくさん歩いてずいぶん遠くまでやってきましたが、あんまり長い事歩いたので少女は疲れて道端に倒れて寝込んでしまいました。しばらくして少女は耳元の何かに気づき、目を開けるとそこには真っ黒なものと木のようなものの人の形をしたものがいて少女を見下ろしていました。少女は大変驚きましたが、真っ黒な人の形をしたものはにっこり笑うと少女にいいました。
「きみどこからきたの?」そしてもう一人の木で出来た人の形をした物もにこにこしていいました。
「僕達とはちがう体をしているね?きみはだれ?」
二人は鉄の少年と木の少年でした。
鉄の少年はとっても固くて真っ黒でしたし、木の少年は全身にきれいな木目模様がありました。
少年達は透き通ったガラスの少女が珍しいのととてもきれいだなとおもったので少女の力になろうと言ってくれました。はじめはびっくりして真っ青になった少女の心臓はだんだんきれいなピンク色になっていきました。二人の少年はそれをみてたいそう驚きましたが、少女が言葉を話す代わりになると思い喜んでその変化を見つめていました。

少女はそれから少年達と一緒に暮らしはじめ、三人は仲良くそれぞれを大事にして楽しく暮らしました。
鉄の少年は力持ちでたいていのことは彼に頼めば面倒なことは片付きましたし、木の少年はとても器用でなんでも作り出すことが出来ました。
少女は特に二人のためになにが出来るということがなかったので、二人がひと働きして休憩するときはいつも上手に踊っては二人を楽しませました。
二人の少年達も踊るのを見るのが大好きでした。
でもそんな楽しい日々もつかの間、あるときいつものように少女が踊っているのを二人の少年達が楽しそうに眺めているとき、突然強い風が吹いてきて細かい石が痛いほど三人に打ち付けたのです。
三人は急いで物陰に隠れて風の通り過ぎるのを待ちました。
やっと風がやんで、ふと気がつくとガラスの少女の姿がありません。
少年達はびっくりしてあちこち大声で少女を呼びながら長い事探し回りましたが、少女の姿はどこにもありませんでした。
地面をよく見ると小さなきれいなガラスの粒があちこちに散らばっているではありませんか・・。
少年達は一生懸命それを拾い集めると、確かにそれはあのガラスの少女のかけらでした。
二人はなきながら少女を失った哀しみを嘆きました。
そのとき鉄の少年がふと暗い空を見上げると高い空にキラキラときらめく星の川が透き通った音を立てて流れているのに気がつきました。

二人はそれを見ながらガラスの少女の体があの星の川になったのだと知りました。
なぜってちょうど川のまんなかのあたりにきれいなピンク色の星がちかちかと瞬いているのを見たからです。
ガラスの少女はあの時風に飛ばされ岩に打ち付けられて粉々になってしまったのですが、天の神様が少女の体を天にお連れになり、心優しい少年達が少女を失ったことをいつまでも悲しまないように星の川として天に住まわせてくださったのでした。

<<前のお話 サルになった子 | ガラスの少女 | 次のお話 大食らいのおとこのこ>>

  • カテゴリー別メニュー
    • トップページ
    • 童話
      • 人気の昔話
      • 日本の昔話
      • 面白い人の話
      • 動物の昔話
      • 世界の昔話
      • 童話たいとる一覧
    • 童謡
      • わらべ歌童謡
      • 季節風景の歌
      • 英語の歌
      • 童謡たいとる一覧